岡山コース(深水先生)

印章採得
歯を失ったお口の中の空間を極力変形させない、いわば義歯の土台になる部分の型とりです。
咬合採得
もともと上下、歯のそろっていた時のお顔にもどすためには、どのくらいの高さ、歯ならび、咬み合わせに設定するかの手順です。
人工歯選択
おひとりおひとりのお顔にあった人工歯をお選びすることで、患者様の義歯に対する愛着も違ってきます。
治療用義歯セット
このシステムの大きな特徴である治療用義歯と一般的な義歯製作法との違いの説明です。
治療期間初期
初診での診査、診断に基づいた治療内容でおこないますが、まず最初に目指すことは痛みの除去と粘膜の健全化です。
治療期間後期
初診での診査、診断に基づいた治療内容でおこないますが、まず最初に目指すことは痛みの除去と粘膜の健全化です。
GOA1
治療開始前、治療初期、治療後期に行ったゴシックアーチで描記された顎運動の変化を記録します。
コピーデンチャー
本義歯製作のために一時、治療用義歯をお預かりしなけません、その間使用するためのコピーーデンチャーをこの作ります。
最終印象
機能印象の仕上げをします
最終咬合採得
フラットテーブルに着いた圧痕の一番安定した位置で型を採り、技工所に送ります。
お問い合わせ